XenCenter

キーボードショートカット

注:

XenCenter YYYY.xxは、実稼働環境でのCitrix Hypervisor 8.2 CU1での使用はまだサポートされていません。Citrix Hypervisor 8.2 CU1実稼働環境を管理する場合は、XenCenter 8.2.7を使用できます。詳しくは、XenCenter 8.2.7 documentationを参照してください。

XenCenter 8.2.7とXenCenter YYYY.x.xは同じシステムにインストールできます。XenCenter YYYY.x.xをインストールしても、XenCenter 8.2.7のインストールは上書きされません。

XenCenter内を移動したりタスクを実行したりするために、マウスだけでなくキーボードも使用できます。たとえば、矢印キーを使用して、リソースペインとメニューの項目間を移動できます。

XenCenterのナビゲーション

XenCenterでは、ユーザーインターフェイス内を移動するために、多くの標準的なWindowsショートカットを使用できます。詳しくは、「Windowsのキーボードショートカット」を参照してください。

メニューモードのオン/オフを切り替えるには、F10キーかAltキーを押します。メニューモードが有効な場合に、下線が引かれているメニュー内の文字は、特定のメニューやメニューコマンドを選択するために使用できるアクセスキーであることを意味します。

メニューモードでは、キーボードを使用してメニューを操作できます。次の表に、基本的なナビゲーションコマンドの一部を示します:

キー 操作
Tab 次のUI項目に移動し、フォーカスします。
メニューバー内を移動し、順次、各メニューを選択します。
順次、各メニューコマンドを選択します。
[Enter]を押します。 選択したコマンドを実行します。
Space フォーカスされているUI項目を選択します。
Esc 選択したコマンドをキャンセルし、メニューを閉じます。

ショートカットキー

ショートカットキーの組み合わせを使用して、特定のメニューコマンドを実行できます。たとえば、Ctrl+Nキーを押すと新規VMウィザードが開きます。この動作は、メインツールバーの [VM] メニューの [新規VM] を選択した場合の動作と同じです。

数字キーパッドのキーを使用する場合は、NumLock がオフになっていることを確認してください。

一部のショートカットキーはメニューとツールバーのツールチップに表示されます。次の表に、よく使用するXenCenterタスクのショートカットを示します:

キー 操作
F1 オンラインヘルプを表示します。
Alt+F4 XenCenterを終了して[XenCenter]ウィンドウを閉じます。
Ctrl+Enter コンソールの全画面モードと標準画面モードを切り替えます。
Ctrl+B 選択した仮想マシンを起動します。
Ctrl+C 選択したテキストをWindowsクリップボードにコピーします。
Ctrl+E 選択した仮想マシンをシャットダウンします。
Ctrl+N 新規VMウィザードを開きます。
Ctrl+R 選択した仮想マシンを再起動します。
Ctrl+V Windowsクリップボードにコピーしたテキストを貼り付けます。
Ctrl+X 選択したテキストを切り取り、Windowsクリップボードにコピーします。
Ctrl+Y 選択した仮想マシンを一時停止または再開します。
Ctrl+Z 最後のテキスト編集操作を元に戻します。

VMコンソールを操作するためのキーボードショートカットも利用できます。これらのショートカットは設定可能です。詳しくは、「コンソール設定」を参照してください。

キーボードショートカット