XenCenter

XenCenterの新機能

XenCenterは、XenServerやCitrix Hypervisorのバージョンとは無関係に更新されます。サポートを継続するには、最新のXenCenterバージョンを使用していることを確認してください。

XenCenter YYYY.x.xは、XenServerダウンロードページからダウンロードできます。XenCenter YYYY.x.xのバージョンをインストールすると、XenCenterへの今後のアップデートを自動的に受け取ることができます。詳しくは、「XenCenterのアップデート」を参照してください。

注:

XenCenter YYYY.xxは、実稼働環境でのCitrix Hypervisor 8.2 CU1での使用はまだサポートされていません。Citrix Hypervisor 8.2 CU1実稼働環境を管理する場合は、XenCenter 8.2.7を使用できます。詳しくは、XenCenter 8.2.7 documentationを参照してください。

XenCenter 8.2.7とXenCenter YYYY.x.xは同じシステムにインストールできます。XenCenter YYYY.x.xをインストールしても、XenCenter 8.2.7のインストールは上書きされません。

2024.1.0の新機能

2024年3月6日リリース

メモ:

2024年3月6日以降にリリースされたアップデートをXenServerプールに適用する前に、XenCenterの最新バージョンにアップデートしてください。

XenServer 8の運用サポートを受けるには、XenCenter 2024.1.0以降が必要です。

このアップデートには次の新機能が含まれています:

  • アップデートガイダンスの改善:アップデートの一環として実行されるタスクについて、より詳細なガイダンスを追加しました。これらの変更は、アップデートタスクによって発生する可能性のあるVMの中断を最小限に抑えるように設計されています。タスクは、必須推奨完全な有効性ライブパッチに分類されます。これらの分類により、ホストまたは仮想マシンにダウンタイムや軽微な中断を引き起こす可能性のあるアップデートタスクが、使用している環境とリスクプロファイルに対して必要かどうかを判断できます。詳しくは、「XenServerホストのアップデート」を参照してください。

  • SNMP: SNMPと任意のNMSを使用して、XenServerによって消費されるリソースをリモートで監視できるようになりました。この機能を使用すると、トラップを構成してXenServerホストを監視することもできます。トラップは、XenServerで特定のイベントが発生したことをNMSに警告するために、エージェントによって開始されるメッセージです。詳しくは、「SNMPを使用してホストとdom0のリソースを監視する」を参照してください。

  • ライセンス割り当ての変更: パブリックプレビューフェーズ中、Citrix Virtual Apps and DesktopsライセンスでXenServer 8を使用していた場合、このライセンスは廃止されたため、今後XenServer 8でサポートされません。XenCenterでは、このライセンスが廃止され、XenServer Premium Editionライセンスをホストに適用するまで、Citrix Hypervisor 8.2 CU1からXenServer 8へのアップグレードができなくなったことを警告されます。

    XenServerプールでCitrix Virtual Apps and Desktopsのワークロードを実行するには、XenServer Premium Editionライセンスが必要です。詳しくは、https://xenserver.com/buyを参照してください。

このアップデートには、以下の改善点が含まれています:

  • [VM Properties] から [Advanced Options] パネルが削除されました。このパネルには、不要になった古いオプションが含まれていました。
  • XenCenterは [仮想インターフェイスプロパティ] ペインでQoS制限をMBit/秒単位で表示するようになりました。
  • XenCenterに表示される単位は、単位のベース(1000または1024)を正確に反映するように修正されました。単位が1024の倍数で計算される場合、XenCenterではkiB、MiB、GiB、TiBなどが表示されます。 単位が1000の倍数で計算される場合、XenCenterではkB、MB、GB、TBなどが表示されます。
  • VMエクスポートウィザードの使いやすさが向上しました。
  • XenCenterは、アクセス可能なすべてのオブジェクトのオブジェクトのUUIDを [Properties]ダイアログ>[全般] タブに表示するようになりました。

2024.1.0で解決された問題

  • 以前は、XenCenterで、ホストを現在実行しているバージョンと同じバージョンにプールのローリングアップグレードを実行することができましたが、プールは破損した状態のままでした。XenCenterではこの動作が禁止されるようになりました。
  • VMスナップショットスケジュールの [プロパティ] ダイアログで、[スナップショットスケジュール] パネルが読み込まれない場合があります。(CA-387186)
  • XenCenterは、事前チェックが失敗した場合に誤ってアップグレードの続行を許可することがあります。(CA-386488)
  • 保守モードを終了した後、VMが元のホストに復元されないことがあります。(CA-387197)
  • Standard Editionのユーザーにはアップデートは提供されません。(CA-389235)
  • XenCenterは、初めて開いたときに接続状態を保存するように要求しません。(CA-380853)
  • タスクバーに固定したXenCenterタスクバーアイコンが、XenCenterのアップデート後に消えます。(CA-379341)
  • XenCenterは、一時停止されたVMをXVAとしてエクスポートするときに電源状態を保持しません。(CA-368247)
  • XenCenterは、プールオペレータによるアプライアンスのインポートとVM管理者によるアプライアンスのエクスポートを誤ってブロックします。(CA-389487)

2024.1.0の既知の問題

  • スタンドアロンホストの再起動後(アップデート適用後の再起動を含む)、ホストの [全般]タブにシステムの状態が正しく表示されません。別のオブジェクトをクリックしてホストに戻るか、切断して再接続して、ホストの [全般] タブをアップデートすることをお勧めします。
  • アップデートタスクに関するガイダンスが含まれていない一部のアップデートは、[By update] ビューに表示されません。これらのアップデートを確認するには、[By server] ビューを参照してください。(CA-389580)
  • XenCenterを実行するコンピューター上でフォントサイズや画面解像度を変更すると、ユーザーインターフェイスの表示が乱れる場合があります。デフォルトのフォントサイズは96 DPIです(Windows 8とWindows 10では[100%]に相当します)。(CA-45514)(CAR-1940)
  • XenCenterで、名前に番号記号(#)が含まれているフォルダーからOVFパッケージまたはディスクイメージをインポートしようとすると、null参照例外が発生してインポートが失敗します。(CA-368918)
  • XenCenterが既に実行されているときにコマンドラインからXenCenterを実行しようとする場合、空白文字を含む引数は二重引用符と一重引用符の両方で囲む必要があります(例: “‘example’“)。(CA-389317)
  • XenCenterの複数のインスタンスで同じXenServerプールに接続すると、どちらのXenCenterにも利用可能なアップデートが表示されません。この問題を回避するために、XenCenterをプールから切断して再接続できます。(CA-389319)
  • XenCenterの複数のインスタンスがプールに複数のアップデートをインストールしようとすると、サーバーが以下のエラーによりインストールに失敗する場合があります:「アップデートはこのサーバーに適用済みです。このサーバーはスキップされます。」このエラーにより、更新プロセス全体が停止します。(CA-359814)

    この問題を回避するには:

    1. プールを更新するプロセスに他のXenCenterインスタンスがないことを確認します
    2. [通知]>[更新]パネルで、アップデートの一覧を更新します
    3. 更新を最初から開始します
  • 以前のバージョンからXenCenter 2024.1.0にアップデートする場合、XenCenter v2024.1.0.xxxソースコードをダウンロードしようとするとエラーが発生します。

以前のリリース

このセクションでは、以前のリリースの機能と、解決された問題を示します。これらの以前のリリースは、XenCenterの最新バージョンに置き換えられます。XenCenterの最新バージョンが利用可能になったら、そちらのバージョンに更新してください。

XenCenter 2023.4.0

新機能

2023年12月4日リリース

この更新プログラムには、以下の改善点が含まれています:

  • NRPEを使用してホストとdom0のリソースを監視する XenServer 8で、プール管理者の役割を持つユーザーは、Nagios Remote Plugin Executor(NRPE)に対応した任意のサードパーティ監視ツールを使用して、ホストおよびdom0のリソースを監視できます。NRPEの構成方法について詳しくは、「NRPEを使用してホストとdom0のリソースを監視する」を参照してください。

  • 64個の仮想CPUのサポート XenCenterは、LinuxまたはWindows仮想マシン上で最大64個の仮想CPUをサポートできるようになりました。

  • ヘルプメニューの [Download Source Code] をクリックして、XenCenterのソースコードをダウンロードできるようになりました。

  • [DVDドライブを作成するには、ここをクリックしてください] オプションを選択すると、新しいDVDドライブを作成するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

この更新には、次の動作変更が含まれています:

  • XenCenterで、仮想マシンの平均CPUを示すパフォーマンスグラフが削除されました。

解決された問題

  • 「更新のインストール」ウィザードを使用してホストに更新を適用するときに、ウィザードを使用してWLBを一時停止すると、XenCenterはWLBの実行を自動的に再開できません。
  • 同じXenServerプール内の別のホストのローカルストレージに、仮想マシンをライブマイグレーションすることはできません。
  • XenCenterのインストールウィザードで、[Launch XenCenter on exiting the Setup wizard] チェックボックスが表示されなくなりました。

XenCenter 2023.3.2

新機能

2023年10月5日リリース

解決された問題

  • GFS2 SRを持つプールでは、XenCenterを使用したサーバーの状態レポート(SSR)の生成が失敗することがあります。(CA-375900)
  • CPU使用率が100%のホストへのパフォーマンスグラフの読み込みを試行した後、XenServerホストにパフォーマンスグラフを読み込もうとすると、グラフのレンダリングに問題が発生します。(CA-376887)
  • サードパーティソフトウェアのファイル命名の問題が原因で、XenCenterの起動に失敗する場合があります。(CA-382850)

XenCenter 2023.3.1

新機能

2023年8月24日リリース

  • XenServer 8への定期的なアップデートの配信が、XenCenterを通じて利用できるようになったため、新機能やバグ修正を以前よりも高い頻度で配信する、効率的なリリースプロセスのメリットを利用できます。 詳しくは、「ホストのアップデート」を参照してください。

  • XenCenterのアップデートは、UI内からダウンロードして適用できます。詳しくは、「XenCenterのアップデート」を参照してください。

  • XenServer 8の非実稼働環境は、XenCenterを使用して管理できます。

  • PuTTYはXenCenterにバンドルされなくなりました。XenCenterを使用してXenServerホストに対してSSHコンソールを起動するには、外部SSHコンソールツールをインストールし、XenCenterがそのコンソールツールを使用するように構成されていることを確認する必要があります。詳しくは、「Configure XenCenter to use an external SSH console」を参照してください。

解決された問題

このアップデートには、次の問題に対する修正が含まれています:

  • Windows 10(1903以降)ベースの仮想マシンで、XenServer VM ToolsをインストールしてからXenCenterの仮想マシンで[リモートデスクトップに切り替える]オプションを使用できるようになるまでに、数分かかる場合があります。ツールスタックを再起動して、このオプションをすぐに表示できます。(CA-322672)

  • 合計で2TBを超える複数の仮想マシンディスクを作成しようとすると、XenCenterによって無効エラーが表示されます。(XSI-1467)

XenCenterの新機能