XenCenter

スケジュールされたスナップショットの作成

注:

XenCenter YYYY.xxは、実稼働環境でのCitrix Hypervisor 8.2 CU1での使用はまだサポートされていません。Citrix Hypervisor 8.2 CU1実稼働環境を管理する場合は、XenCenter 8.2.7を使用できます。詳しくは、XenCenter 8.2.7 documentationを参照してください。

XenCenter 8.2.7とXenCenter YYYY.x.xは同じシステムにインストールできます。XenCenter YYYY.x.xをインストールしても、XenCenter 8.2.7のインストールは上書きされません。

新規スナップショットスケジュールウィザードを使用して、次の情報を指定する スナップショットスケジュールを作成します:

  • スナップショットを作成するプール内の仮想マシン
  • 作成するスナップショットの種類(ディスクのみ、またはディスクおよびメモリ)
  • スナップショットのスケジュール。

新規スナップショットスケジュールウィザードを開くには:[プール]メニューから [VMのスナップショットスケジュール][新規]の順に選択してウィザードを開始します。

  • スケジュール名:スナップショットスケジュールの名前を入力します。また、必要に応じて説明を入力します。
  • スナップショットスケジュールの仮想マシン:スナップショットスケジュールに追加する仮想マシンを選択します。
  • スナップショットの種類:作成するスナップショットの種類を選択します。

    選択できるスケジュールされたスナップショットの種類は、ディスクのみまたはディスクおよびメモリです。

    • ディスクのみのスナップショット: 仮想マシンのディスク(ストレージ)およびメタデータが保存されます。このスナップショットはクラッシュ整合状態であり、Linux仮想マシンを含むすべての種類の仮想マシンで作成できます。
    • ディスクおよびメモリのスナップショット: 仮想マシンのディスク(ストレージ)およびメタデータに加えて、仮想マシンのメモリ(RAM)が保存されます。この種類のスナップショットのサイズは、大きくなることがあります。
  • スナップショットスケジュール:スナップショットを作成する頻度を選択します。

    スナップショットスケジュール

    • 毎時間作成する: 毎時間の指定した時刻にスナップショットが作成されます。
    • 毎日作成する: 毎日の指定した時刻にスナップショットが作成されます。
    • 毎週作成する: 毎週の指定した曜日および時刻にスナップショットが作成されます。複数の曜日を指定することもできます。

    [保持するスナップショット数] では、スナップショットスケジュールをいくつ保持するかを指定します。ここで指定する最大数をスナップショットの数が超えると、古いスナップショットから自動的に削除されます。

    注:

    仮想マシンごとに最大10のスケジュールされたスナップショットを作成できます。

休止スナップショット

Citrix Hypervisor 8.1以降では、スケジュールされた休止スナップショットはサポートされなくなりました。以前のバージョンで作成した休止スナップショットに既存のスナップショットスケジュールがある場合、このスケジュールされたスナップショットはCitrix Hypervisor 8.1以降では失敗します。このスナップショットスケジュールは削除し、サポートされているタイプのスナップショットを作成するスナップショットスケジュールを作成してください。

スケジュールされたスナップショットの作成

この記事の概要